保湿ジェルリッチモイスチャーとオバジC5セラムで肘の黒ずみを解消しました

投稿者: | 2017年5月21日

49歳女性の肘の黒ずみを解消した体験談です。

悩んでいた肘の黒ずみの症状と原因について

肘の黒ずみが気になり出したのは40代のはじめくらいでした。肘は鏡で見た時に見えない部分なので自分ではまったく気づかなかったのですが、友人から「肘が黒くなってるよ」と何気なく言われたことで気になりだしたのです。

20代〜30代の頃には肘が黒ずむことはなかったので本当にびっくりしてしまいましたが、年齢を重ねるとターンオーバーの働きが低下してくるから肘の角質が厚くなって黒ずんでしまうのかな?と思いました。肘の黒ずみが気になりだしてからというもの、薄着になる季節に思い切りお洒落を楽しめなくなってしまいました。腕を出すと黒ずみが目立ってしまうので、七分袖のカットソーを着るようにしたり服装に制限がかかってしまうことから、憂鬱な気分になることが多かったです。また、夏の暑い日に七分袖のカットソーを着るのは耐えられなかったので、半袖の服を着ていると、後ろを歩いている人の視線が肘に集まっているような気がしてしまい、落ち着かない気持ちになったこともありました。

はじめは角質を落とせば黒ずみが綺麗になるかもしれないと思い、市販のジェルタイプのピーリングを使用してお手入れしたところ、ポロポロとしたものが取れるのでこれで綺麗になるかも!と思ったのも束の間、肘はつるつるになるものの肝心の黒ずみが綺麗になることはありませんでした。

ある程度の期間ピーリングを試してみましたが、黒ずみが薄くなることはなくなんだかがっかりした気持ちになってしまい、ピーリングしてもまったく変化がない肘の黒ずみに不安な気持ちになっていったのです。

 

「プリティー ひじ・かかと・ひざ角質除去クリーム」は効果なし

インターネットで調べてみた結果、私の肘の黒ずみはどうやらメラニン色素によるもので、ピーリングなどで刺激を与えるとますます黒ずみが酷くなる場合もあるとのことで「余計なことをしなければ良かった」と後悔の気持ちでいっぱいになってしまいました。

メラニン色素による黒ずみは刺激を与えずに十分保湿をして肌を整えることと、メラニン色素に働きかけるケアが大切だと知りました。入浴の際にスポンジで身体を洗っていましたが、肘だけは手で優しく洗うようにしてできるだけ刺激を与えないように気をつけるようにしました。そして、お風呂上りに保湿ゲルをたっぷり塗って意識的に保湿するようにしたら肘がしっとりした感じになってきたのです。

私が使用していた保湿ゲルは本来は顔に使うものですが、ちふれ保湿ジェルリッチモイスチャーを使いました。さらに、保湿後はオバジC5セラムを肘に塗ってビタミンCを補うようにしてみました。お手入れを始めてすぐに劇的な変化はありませんでしたが、コツコツお手入れを継続していくうちに少しずつ黒ずみが薄くなり、現在は黒ずみのない綺麗な肘を維持することができています。

私が実践したお手入れ方法はとにかく時間がかかったので(1年〜2年くらいお手入れを続けました)早く結果を出したいという方には向いていないかもしれませんが。肌を傷めることなく肌そのものを整えるのに役立った上に黒ずみの悩みから開放されたので本当に良かったと思っています。