肘の黒ずみ解消クリームを色々使ってみた結果、黒い肘が美白に

投稿者: | 2017年5月21日

30代後半女性の肘の黒ずみを解消した体験談です。

悩んでいた肘の黒ずみの症状と原因について

20代は気にならなかったのはきっと黒ずみがなかったからだと思います。気づいたのは30代だったでしょうか、子供達と写真をとった時、たまたま私が後を向いてる物があり、何気なく見た時、私の肘が黒く何かついてるかのような色でした。

決して汚れがついてるわけではなく、黒ずみです。それから気になりだして実際の肘を見ると、カサカサで濃いグレーの皮膚色です。皆はどうかしらと旦那さんや子供達の肘を見たところ、旦那さんは少しは皮膚が硬くなっていますが肌色です。

子供は小学生なので全く綺麗な皮膚です。まだ硬くもなっていません。3才年下の妹に聞いたところ、少しカサカサで硬くなっているとの事。しかし黒くはないそうです。やはり私だけだとすごく気になりだして、夏の半袖は嫌いです。常に日焼け防止とか言いながらUV手差しをして隠していました。

何故黒くなったのか考えました。食事に肘を付くのは行儀悪いと躾られてきたのでしません。相対的に乾燥肌はひどい方です。特に冬場は手はヒビ切れやあかぎれ、足はカサカサに、顔もカサカサになります。

顔はさすがにクリームや美容液等でカバーしてます。お化粧ののりが悪くならないように気をつけてます。日々の忙しさのせいにするといけませが、手足はハンドクリームやボディローションを塗りケアしてますが肘をおろそかにしていました。だから、気づいた時は黒ずみがひどく恥ずかしいです。30代後半からネットや知り合いに聞いたことを実践してケアに励みました。

 

肘の黒ずみを解消する美白クリームを色々使ってみた

黒ずみの原因はカサカサの乾燥肌であり、私は本を読む事が多くてその時にうつ伏せで肘をついてる事がよくあります。きっとその態勢が肘に負担かけ良くないのです。

知り合いに塩で洗うといいと聞き、ボディソープに塩を混ぜお風呂で洗いました。また時には重曹が良いと聞き試しましたが、表面がスベスベするだけで黒ずみが消えるわけではなかったのです。

お風呂あがりは白色ワセリンで保湿しました。白色ワセリンは手のヒビ切れにも使っていたし、子供が肌荒れした時にも塗ったりしていたので効果あるだろうと思いました。まず乾燥肌を治そうと毎日続けましたが油分が多いため、日焼けに注意が必要でした。だからお風呂あがりの夜だけです。

市販の黒ずみを消すとうたったクリーム(白ワキ姫・ピューレパール・ハーバルラビット)も3種類ぐらい試しました。値段の高いのは一回買って次はためらいます。一ヶ月に3000円ぐらいかかるので負担になりました。段々安いのを探しましたが、効果はいまいちです。

今現在50代になり、乾燥肌はワセリン効果でましですが、年齢的に皮膚がゆるみだしたようです。数々試してケアしたおかげなのか、ワセリン効果なのかわからないですが、黒ずみはマシです。ツルツルスベスベとまではいかないのですが、半袖は着れると思います。

最近ネットでパイナップル豆乳ローションをみつけました。お値段も手頃なようで、是非試してみたくなり買いました。まだ一ヶ月ぐらいなので効果はわかりませんが、スベスベ肌を目指して毎日ケアしていこうと思います。