高価だけど美白効果は確か。エステサロンの美白クリームで肘の黒ずみを治す

投稿者: | 2017年5月21日

25歳女性の肘の黒ずみを解消した体験談です。

悩んでいた肘の黒ずみの症状と原因について

高校生くらいからだんだん黒ずんできて大学生のころは目立つようになっていました。

若いから黒ずみなんて心配しなくていいと思ってましたが全くそんなことありませんでした。

大学生の時はピークに悩んでいました。

肘の黒ずみがコンプレックスになっていたということもありますが、大学の友達と一緒に写真を撮ったとき、同じポーズをして撮ったのに私だけ肘が黒く写っていてすごく悲しかったです。

気になる人とデートをするときも、なるべく七分丈の服を着て隠していました。

途中で暑くなってもうでまくりをするのが嫌で我慢していました。

腕を伸ばすと皮膚がたるんで余計皮膚の黒ずみが目立つのでなるべく腕を曲げるようにしていました。

大学の頃の写真を見ると腕を隠している写真がほとんどです。

今思うと肌を出せるときに出しとけばよかったなーと感じます。

私の場合は間違った毛の処理を繰り返ししていたことに大きな原因があると思います。

お父さんが使っていた四枚刃ほどあるカミソリを使って、夏になると毎日のように剃っていたので、そのとき一緒に皮膚まで剥がしていたのだと思います。

剃り味が良い分、間違って切れてしまって血が出ることもあったので、肌がだんだん固くなっていました。

かなり肘が乾燥しているなという感じはありましたが、若さでどうにかなるだろうと特にクリームなども塗らず放置していました。

するとどんどん肘が黒ずみ始めました。

触ってみるとザラザラという感じでした。

 

エステサロンの美白ボディクリームは高いけど効果が高い

具体的な商品名は思い出せませんが、エステサロンで売っていたボディークリームを使いました。

そのエステサロンには脱毛のために通っていたのですが、脱毛の効果を早く得るためには肌の水分量を上げることが大切だということを教わり、私の肌が特に乾燥していることを指摘されて、半信半疑でサロンのボディークリームを買ったのがきっかけでした。

そのクリームを買ったときに黒ずみにも効くと言われ、黒ずみの対処方法を教わりました。

私が実践した方法は、肘にたっぷりクリームを塗ってその上からラップで蓋をして30分ほど待つだけです。

騙されて買ってしまったかなーと思っていましたが、一回しただけでも効果があってびっくりしました。

値段は8000円くらいしましたがそれだけの価値はありました。

ドラッグストアなどに売っているクリームは角質層と呼ばれる肌の表面だけの保湿をするものがほとんどなので、黒ずみには肌の奥まで保湿できるクリームが必要になります。

この方法をすると黒ずみがうすくなるだけではなくて、肌自体が潤うようになるので、ガチガチだった肘がぷにぷにとした肌質になりました。

もし誰かに肘を触られたとしても、自信を持って肘を出すことができます。

この方法で少し不便な点は、30分ほど待たなければならないので、退屈ではあります。動くとラップがどっかについたりしてしまうので、風呂上がりの時間のあるときに座りながらすることをおすすめします。

またエステサロンの美白クリームは、市販されている美白クリームと成分は同じなのに高く販売されているという事実もあります。

脇の黒ずみを治した女性の体験談で紹介されている美白ジェルも脇だけでなくて肘にも使えて効果が高いとアットコスメなどでも評判でした。